宮崎の美味しいものを食べ歩く

宮崎肉王国ブログ

宮崎県外 その他の料理

元祖本吉屋 柳川市のうなぎ屋さん

更新日:

電 話地 図

福岡の久留米に行く用事があったので、何かおいしいものを食べたいと思って、柳川市にあるうなぎ屋さんの元祖本吉屋さんに行ってきました。元祖本吉屋さんは1681年(江戸時代)創業で300年以上営業している超老舗です。
目的はせいろ蒸しです。
最近うなぎ屋さんにやたら行っているような気がしますが、たまたまです。

お店は西鉄柳川駅から徒歩10分少々のところにあります。
車で行く場合には細い道のうえ一方通行が入り組んでいるので、ナビを使って行く方がいいかもしれません。

元祖本吉屋外観画像

お店はかやぶき屋根の歴史を感じさせる造りです。
店内も落ち着いた雰囲気で店員さんの接客も丁寧です。
通された座敷からはきれいな庭が見えました。しっかり手入れされていて緑が気持ちいいです。
開店したばかりだったのでまだ空いていました。

メニューはこんな感じですが、私は来る前から決めていた南風(はえ)定食(6000円)を注文しました。
南風定食には特せいろ蒸し、肝吸い、白焼きおろし、白焼き酢の物、果物がセットになっています。

本吉屋メニュー画像1

本吉屋メニュー画像2

お茶を飲みながら待っていると、すぐに白焼きの酢の物が運ばれてきました。

酢の物画像

細切り大根の上にうなぎの白焼きと錦糸卵が載っています。
味付けはそこまでお酢が強くなくて、ちょっと甘めになっています。
うなぎはカリッと焼いてあって、さっぱりした食欲そそる前菜という感じです。

白焼きおろし画像

続いて、白焼きおろしが到着。
うなぎの白焼きに白だしがかかっていて、大根おろしとワサビ、浅葱がのっています。
だしは温かくて、とても優しい味付けで癒されます。
添えてあるレモンを絞ると味が少し変わって、またいいですね。

特せいろ蒸し画像

メインの特せいろ蒸しが運ばれてきました。
ちょうど白焼きおろしを食べ終わった頃に運ばれてきて、かなりナイスタイミングです。
タレを絡めたご飯の上に大きめのうなぎの蒲焼が4切れ載っていて、それが蒸してあり、錦糸卵がのっています。
ご飯の中には更にうなぎが一切れ入っていて、とても贅沢な一品です。

うなぎの蒲焼は両面しっかりと焼いてあり、炭の香りがしてきます。
ご飯と一緒に2回蒸してあるらしくてふんわりと柔らかく、口の中に入れるとほどけるようです。特にご飯の中に埋めてあった一切れは柔らかいです。
クリスピーな西都市の入船さん、弾力がある人吉市の上村うなぎ屋さんといろいろなうなぎがありますね。
ごはんはタレを付けて蒸してあるので、タレとうなぎの味がしっかり浸み込んでいます。
アツアツで、最後の一口まであたたかいお米を食べられました。

肝吸い画像

肝吸いとお漬物もありました。
せいろ蒸しと一緒に食べたからというのもあるでしょうが、とても控えめな味付けに感じました。
巻いた湯葉の食感がキュッキュとしていて気持ちよかったです。

フルーツ画像

最後はデザートのフルーツで、リンゴ、キウイ、柿でした。
どれもとても熟れていて甘かったです。

食後にお茶をゆっくり飲んで気持ちを落ち着かせてからお店を後にしました。
せいろ蒸しを食べたのは初めてだったんですが、美味しいものですね。

<元祖本吉屋>
・住所:〒832-0022 福岡県柳川市旭町69番地 (地図
・電話:0944-72-6155
・営業時間:10:30~21:00
・定休日:第2第4月曜日

-宮崎県外, その他の料理
-

Copyright© 宮崎肉王国ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.