宮崎の美味しいものを食べ歩く

宮崎肉王国ブログ

肉料理 川南町 豚肉料理

ゲシュマック 川南町のハム・ソーセージ店

投稿日:

電 話地 図

美味しい豚肉が食べたくなったら、私は少し遠いですけど川南にあるゲシュマックさんに行きます。
ゲシュマックさんは宮崎市内から10号線で行くと、ルミナスパークの横を通り過ぎて下り坂に入ってすぐの左手に少し入ったところにあります。10号線沿いに豚のイラストの看板が立っているので分かりやすいと思います。
煉瓦造りのいい雰囲気の建物です。

ゲシュマック外観画像

お店に入るとお肉や惣菜を売っている売り場があって、右手に少し入っていくとレストランがあります。
そんなに広くはないですが、自然光がたっぷり入って明るいです。

レストランのメニューはゲシュマックさん自慢の「あじ豚」を使ったメニューがほとんどです。
あじ豚リブロースステーキと迷ったんですけど、今回はあじ豚ローストスペアリブ(1300円)を注文しました。
ミニ前菜とサラダとスープ、パンorライスがセットになっています。

前菜画像

オーダーしてしばらくすると、前菜が運ばれてきました。ハムとゼリー寄せです。
ゼリー寄せはさっぱり、ハムはしっかりした豚肉の旨みがありました。食欲を刺激します。

スープ画像

サラダ画像

続いて、スープとサラダが登場。
スープは南瓜のポタージュで、南瓜の甘みがとても優しいです。
サラダはレタスなどの上にゆでた豚肉と煮凝りみたいなものが載っているのですが、ちょうどいい塩加減と意外にしっかりした豚肉の旨みで、意外な美味しさです。たかがサラダと思って食べると驚きます。

ローストスペアリブ画像

ついにメインのローストスペアリブがやってきました。
照り照りの表面とまぶされたハーブがそそります。切り込みも入っていて、ナイフとフォークでも食べやすくなっています。
一口目を口に入れてゆっくりと噛むと、濃縮された豚肉の旨みが口の中に突入してきました。
このあじ豚が特に美味しいというのもあるのでしょうが、豚肉は美味しいということを再認識させてくれます。
いつ食べても満足させてくれるローストスペアリブ。安心しました。

パンとレバーパテ画像

一緒にパンとレバーパテも運ばれてきました。
パンはカイザーゼンメルで、表面はパリッとしていて、割と歯ごたえがある私が好きなタイプです。切れ目もちょうど割りやすくしてくれています。
レバーペーストはレバー独特の臭みもなく、食べているとワインが欲しくなりました。

スペアリブは結構ボリュームがありますが、最後まで飽きることなく豚の旨みに感動しながら食べました。
ナイフとフォークで食べにくくなってからは、骨を手掴みにして、野性的に頂きます。最後は骨膜まできれいに平らげました。
ごちそうさまでした。

骨画像

食べ終えると、レストランから店舗の方へ移動してお惣菜を買いました。
この日は、プレッツェルとハムのチーズ巻きフライ、メンチカツ、それとお持ち帰りのローストスペアリブを購入しました。

お惣菜画像

プレッツェル画像

メンチカツは、冷めても口に入れると肉汁が溶け出してきて美味しいです。
プレッツェルは塩が効いていて、ビールによく合いそうです。
ゲシュマックさんのお惣菜は美味しいので、いつも買い過ぎてしまって困ります。

そういえば、ゲシュマックさんの駐車場の前には子豚が飼われています。
黒豚と白豚の子豚がいました。二頭とも寝ていて微動だにしませんでしたが。

黒豚画像

白豚画像

かわいいのですが、たまにゲシュマックさんに行ったときにこの子豚がいなくなっているときもあります。
そういう時は、美味しいお肉になっちゃったんだろうなと、少し切ない気持ちになってしまいます。

<ゲシュマック>
・住所:〒889-1301 宮崎県児湯郡川南町大字川南23028 (地図
・電話:0983-27-0878
・営業時間:レストラン→11:00~16:00 店舗→10:00~19:00
・定休日:不定休

-肉料理, 川南町, 豚肉料理
-,

Copyright© 宮崎肉王国ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.