«

»

12月 02

コオロギ 宮崎市のローストチキン屋さん

電 話地 図

12月になりました。もうすぐクリスマスです。
欧米ではクリスマスは七面鳥を食べますが、日本ではチキンを食べることが多いです。
そんなことを考えていると、宮崎市内にローストチキン屋さんがあったのを思い出しました。
前々から一度行ってみたいと思っていたローストチキン コオロギさんです。
今回はこのローストチキンのコオロギさんに行ってローストチキンをテイクアウトしてきました。

ローストチキン コオロギさんはイオン宮崎から県道11号線を少し北に進むと、道路の左手に見えてきます。「ローストチキン コオロギ」という白地にオレンジの文字の看板が目印です。
店内に入ると、ロースターとホットショーケースが置いてあり、ローストチキンがたくさん並んでいます。

このお店は平成12年に高千穂町出身の店主さんが、高千穂の焼き鳥を宮崎市内の人にも食べてもらおうということで開店したそうです。
テイクアウト専門で、クリスマスシーズンなどには1300羽以上のローストチキンの予約が入るそうです。

1羽丸ごと焼いた丸焼き(2000円)もありますが、丸焼きの場合は前日に注文が必要とのこと。
私は前日に連絡していなかったので、部位ごとのローストチキンを何種類か購入しました。
購入したのは、手羽先(70円)、はね身(400円)、もも身(400円)、ネック(80円)です。

はね身画像

はね身です。
鶏の胸から羽にかけての部分です。
しっかりローストしてあるため、皮はパリッとしています。
かじると最初甘いかなと感じますが、すぐに唐辛子の辛みがピリッと感じられます。
はね身は肉厚な胸肉があるので、かなりボリュームがあります。肉自体はさっぱりしています。

もも身画像

もも身です。
はね身と比べるとジューシーでうまみが強いです。
肉に弾力があって、「肉を食べてる!!」って気がします。

手羽先画像

手羽先です。
はね身にも手羽が付いているので、この手羽先は手羽先専用のものかもしれませんね。
コラーゲンたっぷりの手羽先は少し食べにくいですが美味しいです。
私は鶏の部位の中でも手羽先が一番好きですね。

ネック画像

ネックです。
お店のタグではセセリとか首と書いてあったかもしれません。
この形で鶏の首を食べたのは初めてでした。
首の表面には厚めの皮が付いていて、この部分が歯ごたえもよくてコッテリしていて美味しかったです。鶏皮が好きな方にはぜひ食べてみて頂きたいです。

ローストチキン画像

首とはね身ともも身を合体させてみました。脚が反対ですが右脚しかなかったので(笑)
家族で食べる場合には丸焼きもいいでしょうね。
部分ごとに微妙に味が違うので、飽きずにたくさん食べられそうです。
クリスマスにローストチキン、よさそうですね。

<ローストチキン コオロギ>
・住所:〒880-0835 宮崎県宮崎市阿波岐原町宝財2352番1 (地図
・電話:0985-35-8890

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください